インプラント|【たにぐち歯科・口腔外科 公式サイト】池田市鉢塚の歯医者

 
9:30~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日
受付開始 午前診9:25 午後診13:55
受付終了 午前診12:25 午後診17:55

tel.072-760-0522

〒563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25

  • 電話
  • メニュー

インプラントとは?

イメージ画像
インプラントとは、本物の歯とほぼ同じ機能・見た目を持つ義歯治療です。
外科手術で歯を失った場所に人工の歯根や土台を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けます。入れ歯のようにグラグラすることなく、ほかの健康な歯への影響も少ないので、食事や会話も違和感なく楽しむことができます。
天然の歯と同じように噛みたいという方は、インプラント治療がおすすめです。

インプラントのメリット

歯を失ったところには、主に「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3つの治療方法があります。
インプラントは入れ歯やブリッジに比べて、機能面や審美面でのメリットが大きいといえます。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像
治療方法 人工の歯根と土台を埋め込み、人工の歯を被せて装着する。 口中の型を取り、プラスチックや金属を使って義歯を作る。 歯を失った部分の両隣の歯を使い、橋をかけるように義歯を装着する。
メリット
  • ・顎に固定されるため動かない
  • ・天然歯とほぼ同じ力で噛める
  • ・周りの歯、歯ぐきを傷めることはない
  • ・定期的なメンテナンスをきちんと受ければ、1度の治療で永続的に使うことができる
  • ・保険が適用できる
  • ・外科的な処置が必要ない
  • ・保険が適用できる
  • ・外科的な処置が必要ない
デメリット
  • ・保険が適用できない
  • ・治療に時間がかかる
  • ・動いて噛みにくい
  • ・天然歯の約半分くらいの力しかかけられない
  • ・周りの歯、歯ぐきを傷める
  • ・定期的に作り変える必要がある
  • ・両隣の歯を削る必要がある
  • ・天然歯の約3/2ほどの力で噛める
  • ・奥歯を失った場合は適応できない
  • ・長期間持つが、作り変えが必要になる場合がある
  インプラント
  イメージ画像
治療方法 人工の歯根と土台を埋め込み、人工の歯を被せて装着する。
メリット
  • ・顎に固定されるため動かない
  • ・天然歯とほぼ同じ力で噛める
  • ・周りの歯、歯ぐきを傷めることはない
  • ・定期的なメンテナンスをきちんと受ければ、1度の治療で永続的に使うことができる
デメリット
  • ・保険が適用できない
  • ・治療に時間がかかる
  入れ歯
  イメージ画像
治療方法 口中の型を取り、プラスチックや金属を使って義歯を作る。
メリット
  • ・保険が適用できる
  • ・外科的な処置が必要ない
デメリット
  • ・動いて噛みにくい
  • ・天然歯の約半分くらいの力しかかけられない
  • ・周りの歯、歯ぐきを傷める
  • ・定期的に作り変える必要がある
  ブリッジ
  イメージ画像
治療方法 歯を失った部分の両隣の歯を使い、橋をかけるように義歯を装着する。
メリット
  • ・保険が適用できる
  • ・外科的な処置が必要ない
デメリット
  • ・両隣の歯を削る必要がある
  • ・天然歯の約3/2ほどの力で噛める
  • ・奥歯を失った場合は適応できない
  • ・長期間持つが、作り変えが必要になる場合がある

当院のインプラント治療の特徴

たにぐち歯科・口腔外科では、「しっかり噛めて長持ちするインプラント」のために、下記のような取り組みをしています。

  • 1 厳選されたインプラントシステム

    イメージ画像
    安全で、手入れがしやすく長持ちするインプラント治療をを受けるためには、インプラントを行う口腔外科医の経験や技術が大切なのは当然ですが、同時に、実績があり信頼性が高いメーカーのものを選ぶことも大切です。当院では現在、世界でNo.1シェアを誇り高品質で最も信頼性の高いノーベルバイオケア社(スエーデン)の製品を採用しております。なお当システムは大阪大学病院でも20年以上前から採用されております。
  • 2 精密な術前診断と治療計画 
    -手術もアナログからデジタルへ-

    被曝量の少ない歯科用CTによる画像検査で骨・神経・血管などの位置を確認します。また、このデータをインプラント治療のシミュレーションソフト(NobelClinician™)により分析し、さらに0.1mm単位で埋入方向や深さを位置付けるガイド(サージカルテンプレート™)を作成します。このガイドをもとにした手術により、従来の勘と経験に頼っていた不安定要素が解消され、非常に精度が高く、安全性に配慮した手術が可能になりました。
  • 3 負担の少ない外科手術 -骨再生療法-

    イメージ画像
    抜歯で欠損した部分は骨が不足していることが少なくありません。必要に応じて抜歯時に歯槽骨を温存させる処置や、インプラント手術同時または段階的に骨造成(骨再生療法)を行います。
    当院では自己静脈血より作成するCGF(濃縮血小板フィブリンゲル)を用いた骨再生療法(厚労省認定)と、ピエゾサージェリー(超音波骨切削機器)での負担の少ない骨外科手術を特徴としています。
  • 4 お一人お一人に適した上部構造 
    -仮歯と技工設計力-

    イメージ画像
    見た目はもちろん、手入れしやすく長持ちするためには上部構造のデザインが重要です。
    当院では、将来的に医療者での取り外しが容易なスクリュー固定をほぼ全例で行うとともに、必ずデジタル設計された仮歯を装着して噛み合わせや清掃状態を確認後、最終的に上部構造を作成いたします。
  • 5 手術が不安な方のための静脈麻酔

    イメージ画像
    胃カメラ検査と同様の静脈麻酔(セデーション)を行うことで、ウトウトした状態で手術を受けることが可能です。手術に対して不安な気持ちがある方は、ご相談ください。

よくある質問

  • Q骨を削って人工物を入れることが心配です。

    Aインプラント治療は約50年の歴史があり、時代とともに安全性が高まってきました。骨を削ることに抵抗がある方が多いですが、再生しない歯を削ることも骨以上に負担になること申し添えておきます。

  • Q長持ちするのでしょうか?

    A最新のデータではインプラントの10年生存率が95%を超えています。上部構造部分は車で例えるならタイヤに相当しますので、数年で修理や交換が必要になることがあります。

  • Q治療費用はどれぐらいですか?

    A1本約40万円です。骨造成や静脈麻酔は別途費用が必要になります。

  • Q手術が痛くないか、心配です。

    A部分麻酔をしっかり行いますので、手術中の痛みは基本的にありません。 手術の不安が強い場合は静脈麻酔の併用も可能です。

  • Qインプラントはむし歯や歯周病になりますか?

    Aむし歯にはなりませんが、歯周病にはなる可能性があります。他の歯と同様に歯周病ケアが必要ですので、ホームケアと定期メンテナンスで健康を維持しましょう。