コラム|【たにぐち歯科・口腔外科 公式サイト】池田市鉢塚の歯医者

 
9:30~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日
受付開始 午前診9:25 午後診13:55
受付終了 午前診12:00 午後診17:30

tel.072-760-0522

〒563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25

  • 電話
  • メニュー

金属アレルギーのリスクが低いインプラント治療

皆さんこんにちは。

たにぐち歯科・口腔外科です。

 

ハウスダストや花粉など、身の回りにはいろいろなアレルゲンが存在していますが、金属アレルギーに悩まされている方も少なくないかと思います。

 

そして最近、意外に多いのが歯科治療後に金属アレルギーを発症するケースです。

 

詰め物や差し歯に金属を使っていて、それがアレルゲンとなって症状が現れることがあります。

 

そうなるとチタンを使うインプラント治療もアレルギーのリスクがあるのか不安になりますよね。

 

チタンはアレルギーを起こしにくい金属

インプラント治療では、顎の骨にフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋入します。

 

これは基本的に、チタンという金属で作られています。

 

なぜ、詰め物や被せ物と同じような銀合金ではなくチタンなのかというと、人の体との相性が良いからです。

 

これを専門的には、「生体親和性が高い」といいます。

 

つまり、チタンは金属ではあるものの、金属アレルギーのリスクが低い物質といえるのです。

 

人工関節にも使われている材料

詰め物や差し歯というのは、あくまで歯の表面に装着するだけの装置ですが、インプラントは、身体の中に埋め込むことが前提のものです。

 

それだけに、金属アレルギーのリスクが高かったら、そもそも材料として不適切と言わざるを得ません。

 

実際、インプラント治療を受けてチタンアレルギーを発症する人はほとんどいません

 

ちなみに、医科の治療でも昔からチタンは人工関節などで活用されています。

 

金属アレルギーのリスクはゼロではない

インプラント治療に用いられているチタンは、金属アレルギーのリスクが極めて低いですが、ゼロというわけではありません。

 

ですから、万全を期すのであれば、インプラント治療前に金属アレルギーのテストを実施することをおすすめします。

 

チタンによる金属アレルギーが不安な方も、そうすれば安心して治療を始められるかと思います。

 

まとめ

このように、チタンは金属アレルギーを起こしにくい金属なので、インプラントという特殊な歯科治療にも活用されています。

 

そんなインプラント治療についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ当院までお気軽にご連絡ください。

 

たにぐち歯科・口腔外科

医院名 たにぐち歯科・口腔外科
院長 谷口 佳孝
住所 563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25
電話番号 072-760-0522
URL
診療内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・義歯治療など
概要 池田市の歯医者、たにぐち歯科・口腔外科です。虫歯・歯周病の治療や、小児歯科、口腔外科、矯正歯科を診療いたします。阪急池田駅より徒歩12分、阪急バス「鉢塚一丁目」下車してすぐ。駐車場6台完備で土曜日も診療しています。おかげさまで、鉢塚、城南、緑丘、八王寺、宇保町、荘園、井口堂など周辺地域からもご来院いただいております。