コラム|【たにぐち歯科・口腔外科 公式サイト】池田市鉢塚の歯医者

 
9:30~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日
受付開始 午前診9:25 午後診13:55
受付終了 午前診12:00 午後診17:30

tel.072-760-0522

〒563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25

  • 電話
  • メニュー

インプラントと差し歯の違いとは?

皆さんこんにちは。

たにぐち歯科・口腔外科です。

 

歯の治療で「差し歯」を装着した経験がある方は多いかと思います。

 

昔からある治療法で、どの歯科医院でも行っているだけに、知らない方はいらっしゃらないことでしょう。

 

ただ、一見すると「インプラント」と何が違うのか、よくわからないかもしれませんね。

 

ここではそんなインプラントと差し歯の違いについて詳しく解説します。

 

インプラントとは?

インプラントは、歯を丸ごと1本失った場合に適応される治療法です。

 

外傷によって歯が抜けたり、虫歯や歯周病で歯を失ったりすることで適応されます。

 

逆にいうと、まだ歯質を残せるような症例では、インプラントは適応されません。

 

なぜならインプラントには、人工歯根が含まれているからです。

 

人工歯根を顎の骨に埋め込む治療

インプラント治療では、フィクスチャーと呼ばれる人工歯根を顎の骨に埋め込みます。

 

フィクスチャーは生体親和性の高いチタンで作られており、埋入後も健康被害が起こることはほとんどありません。

 

失った歯の歯冠の部分だけではなく、歯根の部分まで回復させることが可能な素晴らしい治療法です。

 

サ差し歯は歯冠の部分だけを回復

差し歯もインプラントと同じように白い被せものをしますが、人工歯根がありません。

 

虫歯などで歯冠の大半が失われてしまった場合に、レジンやセラミックなどを用いてその形態を回復させます。

 

ですから、インプラントにおける「上部構造」と差し歯は、見た目や機能が非常に近いといえます。

 

ただし、治療法自体は全く異なりますのでご注意ください。

 

それぞれ適切な症例に対して適応することで、素晴らしい治療効果を発揮します。

 

まとめ

このように、インプラントと差し歯というのは、治療目的や補綴物の構造が大きく異なるものです。

 

ですから、それぞれの違いを知った上で、治療選択の参考にされてください。

 

ちなみに、インプラント治療というのは、人工歯根があるという点において、他の治療法より優れた点が多々あります。

 

そんなインプラント治療についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

たにぐち歯科・口腔外科

医院名 たにぐち歯科・口腔外科
院長 谷口 佳孝
住所 563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25
電話番号 072-760-0522
URL
診療内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・義歯治療など
概要 池田市の歯医者、たにぐち歯科・口腔外科です。虫歯・歯周病の治療や、小児歯科、口腔外科、矯正歯科を診療いたします。阪急池田駅より徒歩12分、阪急バス「鉢塚一丁目」下車してすぐ。駐車場6台完備で土曜日も診療しています。おかげさまで、鉢塚、城南、緑丘、八王寺、宇保町、荘園、井口堂など周辺地域からもご来院いただいております。