コラム|【たにぐち歯科・口腔外科 公式サイト】池田市鉢塚の歯医者

 
9:30~12:30
14:00~18:00

休診日:日曜・祝日
受付開始 午前診9:25 午後診13:55
受付終了 午前診12:00 午後診17:30

tel.072-760-0522

〒563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25

  • 電話
  • メニュー

お子さんの歯科治療は小児歯科へ

皆さんこんにちは。

たにぐち歯科・口腔外科です。

 

虫歯ができたら歯医者を受診するかと思いますが、お子さんの虫歯に関しては、小児歯科で診てもらうのが最適といえます。

 

同じ虫歯でも、大人と子供とではいろいろな点で異なるため、お子さんの治療を専門に行っている小児歯科の方が適切な処置を施せるからです。

 

ここでそんな当院でも行っている小児歯科の虫歯治療について詳しく解説します。

 

大人の歯と子供の歯の違い

大人の歯と子供の歯は、生えてくる本数や形だけでなく、歯そのものの構造にも違いが見られます。

 

例えば、子供の歯である乳歯は、永久歯よりもエナメル質や象牙質が薄くできています

 

一般的には半分の厚みしかないため、一度虫歯にかかると、どんどん進行してしまう傾向にあります。

 

また、大人の歯と比較すると子供の歯の方が外部からの刺激に弱いため、虫歯にかかりやすくもあるのです。

 

この2点に関してだけでも大人の歯と子供の歯には大きな違いがあることがわかるかと思います。

 

虫歯治療の違い

大人の歯と子供の歯では、虫歯治療自体にも違いが見られます。

 

前提として、乳歯はいずれ永久歯に生え代わる歯ですので、時間をかけて精度の高い補綴物を作ることはほとんどありません。

 

ですから、乳歯の虫歯では「既製冠(きせいかん)」と呼ばれる被せ物を装着することが多いです。

 

また、歯の根っこの吸収が顕著だったり、歯がグラグラと動いて動揺が激しかったりする場合は、抜歯してしまうことも珍しくありません。

 

つまり、乳歯の虫歯治療というのは、どちらかというと次に生えてくる永久歯の健康を優先するケースも珍しくないのです。

 

もちろん、残せる乳歯には、最善の修復処置や根管治療などを施します。

 

まとめ

このように、お子さんの虫歯治療に関しては、小児歯科に任せた方が良い傾向にあります。

 

当院でもいろいろなケースに対応できるスタッフがそろっていますので、お子さんの虫歯に悩みの方はぜひお気軽にご連絡ください。

 

お子さんの将来まで見据えた小児歯科治療を実施いたします。

 

 

たにぐち歯科・口腔外科

医院名 たにぐち歯科・口腔外科
院長 谷口 佳孝
住所 563-0024
大阪府池田市鉢塚1-6-25
電話番号 072-760-0522
URL
診療内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科・義歯治療など
概要 池田市の歯医者、たにぐち歯科・口腔外科です。虫歯・歯周病の治療や、小児歯科、口腔外科、矯正歯科を診療いたします。阪急池田駅より徒歩12分、阪急バス「鉢塚一丁目」下車してすぐ。駐車場6台完備で土曜日も診療しています。おかげさまで、鉢塚、城南、緑丘、八王寺、宇保町、荘園、井口堂など周辺地域からもご来院いただいております。